ページトップに戻る
title

男のコンプレックスとして一番多いハゲは薬で治す事が可能。ハゲ改善に期待が出来る薬を紹介。

人は誰しもコンプレックスを持って生きているものです。自分と誰かを比べてしまうなんてのは日常茶飯事です。特に男性は社会的な性質の為、日々コンプレックスと対峙している人も多いのではないでしょうか? そんな「ぶっちゃけコンプレックスから解放されたい!」と思っている男性へ、いろいろな解決方法をお伝えしていきます。

ハゲコンプレックスは薬で治せる!

ハゲコンプレックス

日本でも多くの男性が悩んでいるハゲ。

ハゲは男性の自信を奪ってしまうものでもあるので、どうにかして改善したいところですよね。

しかし、ハゲで悩んでいる男性の中には、どうしようもないものと考えてしまい、諦めてしまっている人もいるのではないでしょうか。

実はハゲは薬を使うことによって、改善することができます。

意外に感じた人もいるかもしれませんが、多くの男性が悩んでいるハゲはAGAという症状であることがほとんどです。

AGAはそのままにしているとどんどん進行していってしまうので、薬を使って確実に治療するのが一番です。

ハゲに効果がある薬は内服薬と外用薬の二つがあり、より高い効果を期待できるのは内服薬になります。

ハゲで悩んでいるという男性は、ぜひAGAに効果がある薬を使うことをオススメします。

ハゲで悩む男は多数

ハゲで悩む男

ハゲで悩んでいると、自分一人がハゲていて他の人はそういった悩みを抱えていないように見えますよね。

実際にそのように感じてしまい、密かに落ち込んでいる男性も多いと思います。

ですが、実はハゲや薄毛で悩んでいる男性は多く、まだ若い人がハゲや薄毛の悩みを抱えるようにもなっています。

現在、日本に住んでいる男性の中で、ハゲや薄毛の悩みを抱えている人は大体5人に1人という割合で存在しているといわれています。

年齢によって割合は変化し、60代になるとなんと60%の人がハゲや薄毛で悩んでいるのです。

10代では10%、20代では26%の人がハゲの悩みを抱えているので、このことから若ハゲで悩んでいる人たちも多いことがわかりますよね。

ハゲは加齢に伴い、割合が増えてくるという特徴があり、40代を超えてくると約2人に1人の割合でハゲてしまう計算になります。

特別な悩みのように見えてしまうハゲですが、実際のところは男性にとって、かなり身近なところにある悩みであるといえます。

ハゲに効果がある商品はさまざまなものがありますが、確実に改善したいのならAGAに効果がある薬を使うのが一番です。

適切な方法で薬を使って改善し、ハゲや薄毛の悩みから解放されましょう!

ハゲを治す薬ならミノキシジルとフィナステリド

ミノキシジルとフィナステリド

ハゲに対して効果がある薬の中で、もっとも有名なのがミノキシジルとフィナステリドです。

これらの薬はインターネットでも効果があるAGA治療薬として評判を集めており、多くの男性がミノキシジルやフィナステリドを使ってハゲや薄毛の悩みを改善しています。薬となると成分の安全性が気になるかもしれませんが、ミノキシジルとフィナステリドは発毛効果があるときちんと認められた薬なので安心して使うことができます。

AGAを専門としているクリニックでも処方されることが多く、実績も豊富なので、どの薬でハゲを改善すればいいのかわからなくなったときは、これらの薬を使うことをオススメします。

ハゲや薄毛で悩んでいる男性の中には、これらの薬について詳しく知っておきたいという人もいると思います。薬は正しい知識がある状態で使うことによって、その効果を最大限に引き出せるので、フィナステリドやミノキシジルについて知っておくのは大切なことになってきますよね。

これからはじめてハゲに対して効果がある薬を使うという人は、実際に手にとってみる前に、二つの薬がどのような薬なのか、きちんと確認しておきましょう。

フィナステリドはアメリカの製薬会社であるメルク・アンド・カンパニーが開発した薬で、男性ホルモンの一つであるアンドロゲンの働きを抑制する効果がある抗アンドロゲン剤の一種です。

多くの男性を悩ませているハゲことAGAは、男性ホルモンであるテストステロンが5α-リダクターゼという酵素と結合することによって、髪の毛の成長を妨げるジヒドロテストステロンを作り出してしまうことによって進行します。

ジヒドロテストステロンの量が多いと、髪の毛が十分に育たなくなり、すぐに抜け落ちてしまうのでジヒドロテストステロンの濃度を下げることができれば、髪の毛が成長しやすくなります。

フィナステリドはジヒドロテストステロンの元になる5α-リダクターゼの働きを抑制する作用があり、テストステロンと5α-リダクターゼが結合しないようにしてくれます。

この作用によってジヒドロテストステロンが作り出されないようにし、ハゲを改善してくれるのです。

根本的な原因がそのままになってしまっていると、いくらハゲを改善しようとしても上手くいきませんよね。しかし、フィナステリドなら根本的な部分に作用してくれるので、確実にハゲを改善できるという大きな魅力があります。

継続して服用することによって、乱れたヘアサイクルを正常に整えてくれる作用も期待できるので、根本的な部分から改善していきたい人にはフィナステリドがオススメです。

また、もう一つの薬であるミノキシジルには、毛根部分の血管の拡張を促すことで髪の毛に十分な栄養を届けてくれる作用があります。

もともとは1970年代後半にアメリカで血管拡張剤として開発されたのですが、副作用として全身の多毛症が頻繁に引き起こされ、その副作用に注目してAGA治療薬として使われるようになりました。

フィナステリドがハゲの原因となる物質に働きかけてヘアサイクルを正常化することを得意としているのに対し、ミノキシジルは頭皮の血行や毛母細胞の活性化を促進して髪の毛が育ちやすい状態へ導くことを得意としています。

頭皮の血行が悪かったり、毛母細胞の細胞分裂がそれほど活性化していないと、髪の毛が育つのに十分な栄養が行き届かなくなってしまい、しっかりとした髪の毛に育ちません。

ミノキシジルを服用すると、血管が拡張して血液が流れやすくなり、悪くなっていた血行が改善されます。これによって栄養素が毛乳頭へ届きやすくなり、毛母細胞へ栄養と細胞分裂の指示が送られるようになります。

その結果、毛母細胞が盛んに細胞分裂を繰り返し、しっかりとした髪の毛が生えてくるのです。

フィナステリドのようにヘアサイクルを正常化させる働きはありませんが、頭皮と毛根が栄養不足に陥ってしまっている状態の場合、ミノキシジルは高い効果を発揮します。

また、ミノキシジルはお店でも市販されているので、フィナステリドよりもさらに手軽に手に入るという魅力があります。

まずは手軽に使える薬から試してみたいと考えている人には、ミノキシジルをオススメします。

フィナステリドとミノキシジルは同じハゲの治療薬ですし、効果もよく似た印象がありますが、得意としていることはそれぞれ違います。どちらもかなりの効果を期待することができるので、なかなか改善しないハゲで悩んでいる人は、自分に合っていそうだなと感じるほうを選んで使ってみましょう。

ミノキシジルは外用薬と内服薬の二つのタイプがあるので、使いやすいと感じるのはどちらのタイプか考えて選ぶこともできます。

ハゲの改善はどうしても時間がかかることが多いので、自分に合っていると感じる薬を使うのは大切なことです。

フィナステリドとミノキシジルの力を借りて、長年悩んでいたハゲや薄毛を改善し、自信を持った毎日を過ごせるようにしましょう。

デュタステリドでハゲを即改善

デュタステリド

ハゲに効果がある薬は、フィナステリドとミノキシジルだけではありません。

インターネットではデュタステリドという成分も話題になっており、この成分を含んだ薬がハゲに対して高い効果を発揮すると評判です。

フィナステリドやミノキシジルで思ったような効果を期待できなかったという場合は、デュタステリドを試してみるという手もあります。

デュタステリドはAGA治療薬の中でも新しい薬で、2015年に認可されたばかりです。

もともととは前立腺肥大症の治療薬として開発されたのですが、薄毛の改善に効果があると認められ、AGAの治療薬として使われるようになりました。フィナステリドと同じように、ハゲの症状を進行させる5α-リダクターゼの働きを抑制することによって、髪の毛が育つ状態にしてハゲを改善する効果があります。

そのため、フィナステリドと比べるとどのような違いがあるのか、気になる人もたくさんいると思います。デュタステリドとフィナステリド、2つの治療薬にある違いとは、一体何なのでしょうか。

テストステロンと結合することによってジヒドロテストステロンを作り出し、ハゲを進行させる5α-リダクターゼ。

5α-リダクターゼは種類によって、頭部のどこに多いのか違いがあり、1型は側頭部と後頭部の皮脂腺に、2型は前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くあります。フィナステリドが効果を発揮するのは2型5α-リダクターゼのみになっているので、1型5α-リダクターゼによってハゲが進行している場合、それほど効果は期待できません。

これに対し、デュタステリドは1型と2型、両方の5α-リダクターゼに対して効果を発揮してくれるので、より効果的にハゲを改善することができるのです。

また、フィナステリドに比べて薬が体内にとどまる時間が長いという違いもあり、体内でより長く効果を発揮してくれます。

一見、フィナステリドとよく似ているデュタステリドですが、効果を発揮する5α-リダクターゼの種類が多いという特徴があります。ハゲに効果を発揮する薬の中でも、デュタステリドはかなりの効果を期待できる薬になっており、実際に試してみる人たちも増えてきています。

より高い効果が期待できる薬でハゲを改善したいと思ったときは、デュタステリドを一度試してみることをオススメします。有名な商品ではザガーロなどがデュタステリドを含んでいるので、効果を実感してみたいと思った人はザガーロを手にとってみてはいかがでしょうか。

薬を使うとEDに?

EDで悩む男

どうにもならないと思っていたハゲを効果的に改善できる薬は、ハゲで悩んでいる男性の皆さんにとって、非常に頼りになる薬です。

ですが、インターネットでこれらの薬について調べていると、EDになるという情報を目にすることがあります。

そのため、男性の中にはこの情報が真実なのか、それとも単なる噂話なのか、確かめておきたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

ハゲに対して高い効果があるAGA治療薬ですが、これらの薬は副作用の中に性欲減退や勃起機能の低下、精子量の減少などが含まれている場合があります。

これはAGA治療薬の多くが男性ホルモンに影響を与える薬であることに理由があり、ジヒドロテストステロンの濃度を下げることによって体内の男性ホルモンの量が減少し、性欲の減退に繋がってしまいます。

外用薬であれば問題はありませんが、内服薬の場合、これらの症状が副作用としてあらわれる可能性があります。実際に副作用としてこういった症状が報告されているので、薬を使うことによってEDになる可能性はあるといえます。

しかし、AGA治療薬にある副作用の発症率はごくわずかで、服用したから必ずEDになるというわけではありません。正しい用法用量を守り、正しく使っていれば副作用に悩まされる心配もないので、薬を使ってハゲを改善しようと思っている人は安心してください。

ハゲてる人生とハゲていない人生

ハゲ人生

頭髪が相手に与える印象は非常に大きく、2012年に行われた調査では1cm髪の毛が後退するだけで、平均5.7歳も老けて見られるという結果が出ています。

ハゲているというだけで実年齢よりも老けて見られるというのはそれだけでショックですし、他の人の目もどうしても気になってしまいます。

その結果、自分に自信が持てなくなり、毎日を憂鬱な気持ちで過ごしている人も少なくありません。

ですが、薬を使ってハゲを改善すれば他の人の目も気にならなくなりますし、老けて見られることもなくなりますよね。

自分にも自信が持てるようになるので、毎日を明るい気持ちで過ごせるようにもなります。ハゲている人生とハゲていない人生では、やはりハゲていない人生のほうが得だといえます。

ハゲに悩んでいる人は、フィナステリドなどの薬を使って症状を改善し、ハゲていない人生を実現させましょう。