ページトップに戻る
title

ED(勃起不全)の薬で一番のおすすめはどの薬なのか。バイアグラ、レビトラ、シアリス、ジェネリック薬も紹介。

人は誰しもコンプレックスを持って生きているものです。自分と誰かを比べてしまうなんてのは日常茶飯事です。特に男性は社会的な性質の為、日々コンプレックスと対峙している人も多いのではないでしょうか? そんな「ぶっちゃけコンプレックスから解放されたい!」と思っている男性へ、いろいろな解決方法をお伝えしていきます。

ED(勃起不全)とは

EDとはErectile Dysfunctionの略で勃起機能が低下することを意味します。

あくまで機能が低下することであって、勃起することができないというだけではありません。

勃起したいのになかなか勃起しない、性的興奮をしているのに勃起しない、または勃起したのに持続力がなく、中折れしてしまうなども症状のひとつです。

ちなみにEDは日本人男性の4人に1人が発症しているといわれているほど身近な存在です。

通常、性的な刺激を脳から受けることによって、動脈が拡がり血液が流れることによって勃起します。

EDの場合、何らかの原因によって、これらの順序のどこかに障害がおきてしまっているのです。

EDの原因として生活習慣病やストレス、薬による副作用などが考えられます。

例えば、生活習慣病や高血圧などを患ってしまうことで神経や血管に悪影響を与えることになります。

これによってEDになってしまうのです。

また運動不足で肥満気味の人もEDを発症しやすいといわれています。

運動不足なのに、食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしてしまったら肥満になってしまいます。

肥満は糖尿病や高血圧などにも繋がってしまうので、最終的にEDに繋がることは変わりません。

EDを治療するにあたって有効な手段は、医師の診断を受け、ED治療薬を処方してもらう方法、そして、長い時間がかかりますが生活習慣を見直していく方法があります。

ED(勃起不全)は薬で治る

男性にとってEDは、とてもデリケートな問題です。

だから、かかりつけの医師に相談しづらく、病院にも行きづらいことが多いですが、EDは薬で治すことができますので、思い切って医師に相談をしてみましょう。

ED治療薬の効果はとても高く、80%以上の男性に効果があると言われています。

また、ほとんどのED治療薬が安全性も認められているので、非常に安心して利用することができます。

ED治療をするにあたって、病院へ行くべきかED専門のクリニックに行くべきか考える方も多いと思いますが、ED専門のクリニックに行くことをオススメします。

もし、住んでいる場所の近くにED治療専門のクリニックがないのであれば、病院の泌尿器科へいくことをオススメします。

ED薬のおすすめは?

ED治療薬の中でも特に有名なものとして、三大ED治療薬と言われているものがあることはご存知でしょうか。

この三大ED治療薬には、バイアグラ・レビトラ・シアリスという3つのED治療薬があります。

バイアグラは世界初のED治療薬として製造されたものです。

バイアグラがこの世に誕生したことによって世界中が歓喜の渦に包み込まれました。

日本でも各メディアで非常に話題になり、海外から輸入する人が絶えませんでした。

そんあバイアグラの後を追って製造されたのが、レビトラです。

バイアグラの改良版ともいわれたレビトラは、バイアグラの欠点である、空腹時に服用しなければ効果が現れにくいという部分を改善しており、さらにはバイアグラよりも長時間の効き目があるということで人気になりました。

そして、シアリス。

シアリスは驚異的な効果持続時間を持つED治療薬として販売されました。

今では世界シェアNo.1とも言われるほどになっています。

これらの治療薬はどれもしっかり効き目があると実証されている素晴らしいものです。

そんな三大ED治療薬の詳細について見ていきましょう。

バイアグラ

バイアグラはアメリカのファイザー社が1998年に販売されたED治療薬です。

日本では1999年に販売されており、2014年5月に特許が切れてジェネリック医薬品が販売されています。

ED治療薬として世界で初めて販売されたバイアグラは知名度が高いことから、服用をしたことがない人でもその名を耳にしたことはあるかもしれませんね。

日本で販売しているバイアグラは25mgと50mgの2種類が販売されており、海外では100mgのものも販売されています。

バイアグラの有効成分はシルデナフィルクエン酸塩です。

シルデナフィルクエン酸塩は、PDE5という酵素を阻害することによって、サイクリックGMPを正常に働かせることにより血流を改善することができ、EDの症状改善に非常に効果的です。

PDE5はサイクリックGMPを活発にする役割があり、サイクリックGMPは筋肉を緩めて血流をよくする役割があります。

個人差はありますが、バイアグラを服用してから30分から60分程度で効果が現れだし、その効果時間は25mgで4時間から5時間ほどあり、最高血中濃度(ピーク時間)は40分から80分程度となっています。

服用をして効果が現れるまでが早いという点が、バイアグラが人気の理由でしょう。

バイアグラの欠点といえば、食後に飲むことができないということで、胃の中に残っていると、効果が現れにくくなることから、空腹時に服用することが推奨されているという部分ではないでしょうか。

食後の場合、有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩が溶けにくく、効果をじゅうぶんに発揮できない可能性があるのです。

服用するときの注意点として、1回の服用量は100mgまでで、水やお茶などで服用すること、次の服用までは24時間以上の間隔を空けないといけないことなどがあります。

服用するタイミングですが、バイアグラの効果が効き始める時間から考えて、性行為の1時間以上前に服用することが推奨されています。

またバイアグラには、併用禁忌薬があります。

例えば、併用禁忌薬として硝酸剤やNO供与剤といったものがあります。

これを投与している方がバイアグラを使用してしまうと、降圧作用を引き起こしてしまう恐れがあります。

バイアグラの副作用は、飲み方さえ守っていれば、ほとんど心配はありません。

ただ、稀に副作用が現れることがあります。

例えば、バイアグラを服用することによって、血管が拡がり、顔の火照りや頭痛などといった軽度の副作用が現れることがあります。

こういった症状が現れた場合で、気になる場合は、医師に相談をして指示をもらいましょう。

また、重篤な副作用として、心筋梗塞や血圧の低下、失神などが現れることがあります。

こういった症状が現れた場合は、すぐに服用を中止して、担当の医師に報告をしましょう。

バイアグラは新薬ということもあり、料金が高いと思う方もいることでしょう。

そんなときはジェネリック医薬品でバイアグラを購入してみましょう。

ジェネリック医薬品は、特許が切れた後に販売されていますので、かなり安く手に入れることができます。

もちろんバイアグラのジェネリック医薬品は、バイアグラと同じ成分なので、効果や副作用など同じですので安心です。

バイアグラのジェネリック医薬品として、バイスマやカマグラ、スーパーバイスマ、バイアグラODフィルム、センフォース、ピーフォースフォートなどがあります。

同じジェネリック医薬品という括りではありますが、効果や有効成分が同じだけで、服用方法などには違いがあります。

そのため、数あるジェネリック医薬品の中から、それぞれの特徴を理解し、自分にとって使いやすいと感じるものを利用することをオススメします。

レビトラ

レビトラはドイツのバイエル薬品が製造・販売しているED治療薬です。

レビトラは国内でもバイアグラに続き2番目に許可されたED治療薬で、バイアグラよりも水に溶けやすいため即効性があり人気があります。

どれぐらい早いかというと、個人差はありますが空腹時の服用で、20分ほどで効果が現れます。

そのレビトラの有効成分は、バルデナフィル塩酸塩水和物で、5mgと10mgと20mgの3つのタイプがあります。

バルデナフィル塩酸塩水和物はバイアグラと同じで、PDE5を阻害して、cGMPの分解を防ぐことができます。

そうすることで、血管を拡張させ血流不足を改善することができ勃起させることができます。

また、レビトラはバイアグラと違い食事の影響を受けることがないとされていますが、多少は影響されますので、できれば空腹時(食事前)に服用した方がいいです。

もちろんアルコールや脂質などはできるだけ抑えることが望ましいです。

レビトラの効果時間は、個人差はありますが10mgなら4時間から5時間ほどで、20mgなら8時間から10時間ほどとなっています。

最高血中濃度も1時間以内で、非常に即効性があるED治療薬となっています。

そのため性行為1時間前に、服用することが推奨されています。

さらに、レビトラの服用量は、1日1回で24時間以上は間隔をあけましょう。

飲み方としては水以外でもいいですが、お酒での服用は血管を拡張させて倒れてしまう恐れがありますので、やめておいた方がいいでしょう。

またレビトラの保管方法は、高温高湿の場所を避け、直射日光のあたらない場所に保管をしましょう。

もし薬を割って服用した場合は、残りの部分は空気に触れないように保管をしましょう。

レビトラを服用するにあたっての注意点といえば、併用禁忌薬についてではないでしょうか。

例えば、バイアグラと同じ理由から硝酸剤、NO供与剤を投与している人は併用するのを止めましょう。

また、リオシグアトアデムパスに関しても症候性低血圧を発症してしまうかもしれません。

さらに、テラプレビルテラビックに関しては、血漿中濃度が上昇してしまう恐れがあります。

テラプレビルテラビックと同じ理由から高齢者が服用する場合は、低用量から慎重に服用しましょう。

またレビトラを服用した場合は、稀に副作用が現れる可能性があります。

軽度の場合は、顔の火照り、頭痛、鼻閉などが現れることがありますので、気になるようでしたら医師に相談をして指示を仰ぎましょう。

重篤な副作用としては、呼吸困難や心筋梗塞、失神などがあり、これらの症状が現れた場合は、すぐに服用を止め医師に相談しましょう。

そんなレビトラの料金ですが、20mgで1錠あたり2000円ほどかかります。

1錠でこの料金なので、高いと思う人はいるのではないでしょうか。

そういう人にピッタリの医薬品といえば、ジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品は、新薬の特許が切れた後に、新薬の成分や効果と同じように製造されている医薬品の為、製造コストが新薬ほどかかりません。

そのため、ジェネリック医薬品は新薬に比べて料金がとても安いのです。

例えば、バリフは20mgで1錠当たり190円ほどになっていてレビトラよりも、かなり安くなっています。

またスーパーレビスマは、レビトラの成分に早漏治療薬であるポゼットを混合しているのにもかかわらず、80mgで1錠あたりの料金もレビトラよりも1/4ほどですみます。

レビトラのジェネリック医薬品として、スマート社のレビスマやスーパーレビスマ、サバメディカ社のサビトラ、サンライズレメディ社のジェビトラ、センチュリアン社のブリトラ、アジャンタファーマ社のバリフなど様々な種類があります。

どれもレビトラよりも安くなっていますので、もし料金が気になるようでしたら、ジェネリック医薬品の中から選んでみてはいかがでしょうか。