ページトップに戻る
title

短小ペニスと呼ばれるサイズの定義、女性が求めるサイズ、短小コンプレックスを改善させるための薬の紹介。

人は誰しもコンプレックスを持って生きているものです。自分と誰かを比べてしまうなんてのは日常茶飯事です。特に男性は社会的な性質の為、日々コンプレックスと対峙している人も多いのではないでしょうか? そんな「ぶっちゃけコンプレックスから解放されたい!」と思っている男性へ、いろいろな解決方法をお伝えしていきます。

短小と言われるサイズは何センチから?

多くの男性が一度は悩む事として、自分のペニスのサイズがあります。

銭湯でほかの人のペニスが偶然目に入ったとき、友人など仲の良い人と猥談をしているとき、そしてパートナーとの行為に及ぶときなど、さまざまなタイミングで多くの男性が自分のペニスは小さいのだろうか、それとも周りが大きいから小さく見えているだけなのだろうか、という疑問と悩みを持ちます。

そしてそのようなサイズに関する悩みを持ってしまっている人の中には、もしかして自分は短小なのだろうか、という悩みを持ってしまうような人もいます。

短小はマイクロペニスという呼ばれ方をするもので、性機能疾患として認定されています。

医学的な定義としては、最大まで勃起した状態でペニスが5cm以下しかない場合、マイクロペニスと認定されており、投薬治療などの際には保険が適応されます。

短小かどうかを調べるための測定方法としては、ペニスを地面と水平になるように持ち上げ、その状態で恥骨まで定規を押し当て、脂肪に埋もれている部分も含んだ測定を行います。

短小は不妊と関係はありませんが、性行為時の双方の満足感に影響が現れてしまうもありますし、サイズに対して悩む事によって心因性のEDを発症するリスクも含んでいると言われている症状です。

そのため、もし自分のペニスのサイズに対して疑問を持ち、測定をした際にサイズが5cm以下であるのがわかったのであれば、適切な治療を行う必要があります。

女性が求めるペニスのサイズ

男性の多くが思っている事の1つに、ペニスのサイズは大きければ大きいほど良い、大きければそれだけ女性は行為に及んだ際に喜ぶ、快感が得られる、という事があります。

確かにその考えというのは決して間違いというわけではありません。

ですが、ものには限度というものが存在しており、ペニスのサイズが余りに大きすぎると、女性からすると行為の際に痛みの原因となってしまう可能性があるのです。

まず初めに日本人の平均的なペニスのサイズについての説明です。

日本人の平均的なサイズは約13cmと言われています。

このサイズというのは実は女性の身体に非常にジャストフィットするサイズであると言われています。

というのも、女性の膣口から子宮口までの距離というのは約7cmから12cm程度と言われています。

そのため、日本人の平均サイズである13cmというのは女性にとって最もジャストな長さであり、それよりも多少大きい程度、たとえば15cm程であれば特に性行為で痛みを感じる事はありませんが、それよりも長くなってしまうと行為の際に痛みを感じてしまう場合もあるのです。

そのため、女性にとって理想的なサイズというのは日本人の平均的なサイズである13cmからそれより多少大きな15cm程と言われています。

それよりも小さなサイズの場合、性行為の際に子宮口などを刺激されず快感が得にくいと感じてしまう事もあれば、短小やマイクロペニスと呼ばれるような処置が必要なサイズである場合、快感が得にくいどころか全くと言っていいほどに感じられない場合もあります。

なので、もし本当に女性が理想と感じるサイズのペニスを手に入れたいと思っているのであれば、日本人の平均的なサイズで13cm前後はあったほうが良いかもしれません。

それほどのサイズがあれば、自分のペニスサイズに対して不安を感じる事もなければ、パートナーに元カレよりも小さいと思われる事も、そして行為の際に快感をお互い楽しめないという悩みを持つ事もなく、しっかりとした満足感のある性行為を楽しめるでしょう。

しかし、それよりも小さい場合であっても性行為の方法やテクニックによってカバーをする事もできますし、膣の周辺に存在する筋肉の収縮によって子宮までの距離というのは変動するため、それこそ短小と呼ばれるようなサイズでなければ、性行為の際にそこまで大きな影響が出る事もありません。

ですので、平均的なサイズから数ミリ、1cm程小さいからといって過剰に自分のペニスのサイズは小さいと思い込んでしまう、サイズアップをしようと考える必要はありません。

短小ペニスには増大サプリ

短小ペニスと呼ばれるようなサイズの小さいペニスをちょっとでも大きくしたいと思った時に、まず試すべきこととして増大サプリの使用があります。

増大サプリというサプリメントがどういうものなのかというと、これはシトルリンやアルギニン、ムイラプアマといった成分から製造されているサプリメントです。

シトルリンは主にスイカやゴーヤに含まれる成分で、遊離アミノ酸と呼ばれるアミノ酸の一種です。シトルリンは血管拡張機能のあるNO(一酸化窒素)の生成を高める作用があり、血管を拡げて血流をアップすると言われています。血行が良くなる事は体の不調の改善には必要不可欠なものです。

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。その他疲労回復、免疫力を高める働き、血管を拡張させ血流をアップする効果もあります。アルギニンは体内でも作り出せるアミノ酸(非必須アミノ酸)の一種です。しかし生成量が少ない為、食事から補給するのがおススメです。

ムイラプアマはボロボロノキ科に属しジャスミンに似た香りのするハーブで、原産国であるアマゾンやブラジル北西部では伝統的な滋養強壮の薬として用いられてきました。服用すると滋養強壮の他に、神経痛やリウマチ、消化不良など多くの症状に用いられてきたバーブです。

そのため、ペニス増大サプリを使用した短小ペニスの改善を行いたいと思っているのであれば、これらの成分を初め、精力を高める作用のある成分を含んだサプリメントを服用するのが良いとされています。

では実際にペニス増大サプリにはどのような製品が存在しているのかというのを紹介します。

増大サプリの中でも有名なものとして、ビリリティピルズというものがあります。

このビリリティピルズはアメリカで製造販売されているサプリメントであり、シトルリンやアルギニンは含まれていませんが、ムイラプアマやダミアナと呼ばれる精力増強作用を持つ天然ハーブを主成分としているサプリメントです。

2つ目に紹介するのはボリュームピルズです。

ボリュームピルズもビリリティピルズと同じくムイラプアマを使用したサプリメントですが、ビリリティピルズとは違いアルギニンが主成分の1つとして配合されています。

そのため、ビリリティピルズと同様の精力増強作用やペニスのサイズアップ作用を得ることができるといわれています。

3つめはビッグRXプラスです。

ビッグRXプラスはビリリティピルズのように天然ハーブを主成分としているサプリメントであり、ダミアナやノコギリヤシ、バイオペリンといったものを含んでいます。

これらの成分は非常に強い精力増強効果を持っており、服用時にはしっかりとしたサイズアップ効果を期待できるでしょう。

そして最後にヴィトックスαです。

ヴィトックスαはペニスのサイズアップに非常に効果的である成分のシトルリンとアルギニンの2つを含んでいる増大サプリです。

それ以外にもガラナやマカといった植物由来の成分に始まり、マムシやスッポン、サソリにタツノオトシゴと、非常に強い精力増強作用のある成分を含んでいます。

そのため、ヴィトックスαを使用した際には非常に強い精力の増強効果とサイズアップ効果を得ることができるでしょう。