ページトップに戻る
title

男のコンプレックスとして代表的なものについて。一番多いとされているコンプレックスとは?

人は誰しもコンプレックスを持って生きているものです。自分と誰かを比べてしまうなんてのは日常茶飯事です。特に男性は社会的な性質の為、日々コンプレックスと対峙している人も多いのではないでしょうか? そんな「ぶっちゃけコンプレックスから解放されたい!」と思っている男性へ、いろいろな解決方法をお伝えしていきます。

男の代表的なコンプレックス

男性は誰でもどこかにコンプレックスがあり悩んでいます。

そのコンプレックスの内容は人それぞれで、たとえば体重や顔のパーツ、体毛の濃い・薄いなどさまざまなことがあげられます。

このように男性のコンプレックスというのは非常に多岐にわたります。

そもそもコンプレックスは「複合体」「複雑」という意味があり、もっと限られた意味に心理・精神医学で使われる「感情複合」があります。このサイトで用いられるのは後者の方の意味です。いわゆる「劣等感」と同じ意味で使われる事が多いです。

こちらのサイトでは男性のコンプレックスをどうすれば克服できるかについて解説していきます。

まずは、男性が抱えるコンプレックスにどのようなものがあるのか、そしてどういったことに対して悩みを持っているのか確認していきましょう。

身長コンプレックス

男性のコンプレックスで、代表的な一つとして、身長が低いというのがあります。

身長が低いというのは、女性の場合は可愛いといわれ喜ぶかもしれませんが、男性の場合は、「チビ」とからかわれ、ショックを受けた経験を持っている人はいるのではないでしょうか。

身長が低い男性は、そういった所から傷つき、コンプレックスを持つようになった人が多いです。

だから、からかわれないようにするために、学生時代に毎日牛乳を飲んだりスポーツをしたりするなどして、身長を伸ばそうとした男性もいるのではないでしょうか。

身長が低いという悩みを持っている男性の多くは、20代くらいの若い男性に多いようです。

日本人の平均的な身長は20代で172.2cm程度(平成26年調べ)となっており、ここから7m以上低いという男性、つまり、165cm以下の男性が、身長に対してコンプレックスを抱くようなことが多いようです。

身長が低いというのは、ダイエットみたいに努力すれば何とかなるわけではありませんし、病院で治療することも出来ません。

また、身長が低いと男らしさが足りないと思う人や、自信が持てないという人がいます。

周りのほとんどの男性が自分よりも身長が高くなるので、上から見下ろされながら話をしますので、威圧されているような感じになり、自信を失ってしまいます。

さらに女性がヒールを履けば、身長の低い男性よりも高くなってしまう事もあります。

そんな状態で一緒に歩いていると、男性としての威厳を失ってしまい、自信がなくなっていってしまうのです。

また、身長が低いと高いところにあるものを取ることが難しいです。

誰かに取ってもらうことによって解決はしますが、それでは頼りなく感じてしまい、男性として自信が持てなくなっていきます。

さらに自分に合った洋服を探すのも一苦労です。

せっかくお気に入りの洋服を見つけても、身長が低すぎて上手に着こなせないということもあります。

昔は3高というモテる要素「高学歴」、「高身長」、「高収入」が大事でしたが、今はそこまで気にしていない異性も多いです。

だから、身長が低いからといって、そこまでネガティブ思考にならなくてもいいでしょう。

体重コンプレックス

見た目のコンプレックスとして身長以外にも体重があります。

身長のコンプレックスを克服するのは難しいですが、体重に関しては努力をすれば何とかなります。

体重のコンプレックスとして「太りすぎ」と「痩せすぎ」の2種類にわけられます。

どちらも見た目から、からかわれたりしますので、ショックを受けてしまいます。

太っている場合は、見た目の問題でもあるので、自分に自信が持てなくなります。

また、太っている人は周囲から清潔感がないと思われたり、太っている分、他の人よりも場所を取りますので、周囲に迷惑をかけてしまいます。

太っているため仕方がないことかもしれませんが、やはりそういったことは思われたくありませんし、迷惑もかけたくありません。

だからダイエットなどを考えるのですが、太っている人の多くは、自分に甘い性格が多く、何かと言い訳をして痩せようとする努力をほとんどしない人が多いです。

また自己管理ができない人が多いため、思わず食べ過ぎたりしてしまう事が多いです。 そうならないためにも、間食や夜食を止めたり、食習慣を見直したりしましょう。

体重に関しては、太りすぎというコンプレックスを持っている男性もいますが、それとは逆に痩せすぎでコンプレックスを持っている男性もいます。

痩せすぎの場合は、周囲の人からどこか頼りなく見えたり、心配されたり、たくましさ男らしさがないと思われてしまいます。

例えば、ご飯を毎日ちゃんと食べているのと心配されたり、華奢で力がなさそうなど思われます。

痩せすぎの人は、いくら食べても「自分は太らない体質だから仕方がない」ということで、諦めている人が多いかもしれませんが、実際は食事の仕方や筋肉トレーニングをしっかりすることで、改善されることがほとんどです。

例えば、食べる回数を増やしたり、カロリーを計算して食事をしたり、有酸素運動や無酸素運動をきちんとすることによって、痩せすぎ問題は解決します。

収入コンプレックス

収入に対するコンプレックスは、身長や体重と異なり、身体的な問題ではありませんが、コンプレックスを抱いている方が非常に多いコンプレックスということができます。

かつて、女性にモテる条件として掲げられていた「3高」のうちのひとつに「高収入」というものがあります。

そのため高収入でないと女性からモテないと考えている方も多く、そこから収入に対してコンプレックスを抱くというようなこともあります。

その他、同級生との集まりなんかでお酒を酌み交わし、仕事の話になると必ずといっていいほど給与の話になるため、その場で周囲と比べて自分の収入が劣っていることから、収入コンプレックスを抱くこともあります。

このように、収入コンプレックスを抱き始める瞬間というのは基本的に、自分の収入に対して不安感を抱いたり、周囲との比較・異性へのアピールポイントが少ないと自分で気付くことによって発症するケースが多くなっています。

収入コンプレックスから脱するためにはキャリアアップやスキルアップ、もしくは転職などが有効です。

しかし、キャリアアップやスキルアップというのはそう簡単にできるものではありません。

もちろん、継続的に収入を増やすための努力をすればなんとかなることもありますが、なかなか継続することができず、中途半端になってしまい、収入に繋がらないというケースがほとんどです。

また、転職にしても同じで、基本給が現在より高い職場だったとしても、その職場で継続的に仕事をすることができるかとなると、また別問題になってしまいます。

そのため、転職をすることによって一時的に高収入になれる可能性こそあるものの、継続的にそして安定的に高収入を得ることができるかは分かりません。

このように、収入コンプレックスはそう簡単に改善できるようなものではないのです。

収入コンプレックスを改善するためには、どのようにすれば高収入を得られるようになるのかを考え、実行し、そして継続していくだけの根気や努力が必要なのです。

ハゲコンプレックス

身長や体重のように、外見に関係したコンプレックスの中には、ハゲコンプレックスがあります。

薄毛恐怖症とも呼ばれるハゲコンプレックスは、男のコンプレックスの中でもかなり強いものです。

ハゲをネタにして笑いをとっている芸人さんもいますが、そうではない一般的な人からすると、ハゲているということはかなりのコンプレックスになります。

最近では20代や30代半ば、早い人では10代という若さから薄毛になってくる場合もあり、若年性脱毛症に悩まされている人たちも増えてきています。

ハゲコンプレックスを抱えている人は、自分の髪の少なさに対して精神状態が不安定になるほどの劣等感を抱いています。

人と会話をしているときや、道を歩いているときでも相手の視線が気になってしまい、どんどん自信を失ってしまいます。

抜け毛や薄くなっていく頭髪を見て、ストレスも感じてしまうので、悪化するとうつ病など精神的な症状を発症してしまう可能性もあるのです。

ほとんどの男性は遺伝など何かと理由をつけてハゲていることを諦めてしまっています。

しかし、ハゲの原因として多いのが、日常生活のストレスや男性ホルモンから頭が薄くなるといわれています。

だから、日ごろからきちんとした生活を送ったり、育毛剤を使用したり、AGA治療することで、ある程度ハゲの治療や予防はできます。

AGA治療を受けるためにクリニックに通っている男性は、治療にお金がかかってしまいますが、コンプレックスを治すための出費ということで、ある程度は仕方がないのではないでしょうか。

AGA治療には個人差はありますが、毛根さえ生きていれば、ハゲは治る可能性があります。

だから薄くなってきたなと心配になったら、とりあえずクリニックに駆け込んで治療を受けてみましょう。

AGA治療は何か月もかけて治療していくわけですが、毛が生えてきたら、自信もついてきます。すると人の目線が気になったりすることもなく、堂々と街中を歩くことができるようになります。

毛深いコンプレックス

世の中の男性の中には、毛深いことで悩んでいる人たちもいるのではないでしょうか。

毛深いことがコンプレックスになってしまっている人は男性だけでなく女性の中にも多く、さまざまな人が毛深いコンプレックスで頭を抱えています。

現在の日本では、毛深いと聞くと不潔と連想されがちなので、毛深いことで悩んでいる人たちはそれが原因でコンプレックスになってしまっているのです。

毛深い原因は大きく分けて3つに分類することができますが、中でももっとも大きいのが遺伝です。

両親のどちらか、もしくは両方が毛深い場合、遺伝によって毛深くなっている可能性が高く、どちらも毛深くないのなら祖父母から遺伝している可能性があります。

また、ホルモンバランスが乱れたり、紫外線によるダメージで毛深くなる場合もあります。

肌が紫外線による刺激を受けていると、脳はその刺激から肌を守ろうとして体毛を増やすように指示を出し、その結果、毛深くなってしまうのです。

そんな毛深いことに悩んでいる男性も心配をする必要はありません。

なぜなら毛深いというのは、自己処理やサロンなどに通うことによって治すことができるからです。

自己処理の場合のメリットといえば、料金がかからないということと、いつでも処理をすることができるという所ではないでしょうか。

しかし、あくまで自己処理なので、肌荒れや黒ずみなど肌のトラブルになってしまう可能性が高いです。

そうならないためにも、きちんとアフターケアをしておきましょう。

また、サロンやクリニックに通う場合のメリットといえば、その道のプロによる施術なので、安心して施術を受けることができます。

施術方法にもよりますが、痛みもほとんどないので、安心して施術を受けることができます。

しかし、自己処理の場合に比べ、サロンまで通わないといけなくなりますので面倒です。また、サロンに通うことは、お金はかかってしまいますが、アフターケアがしっかりしていることから、肌トラブルになる可能性が低いのでオススメです。

毛深さが治ることによって、自分自身に自信を持てるようになりますので、薄着になっても周りの目線を気にする必要がなくなります。

顔面コンプレックス

自分の顔に自信が持てなくて、女性と接することに不安を感じている男性も多いことでしょう。

肌荒れしがちでニキビや吹き出物が気になる、目や鼻など顔のパーツや、自分の顔全体に対して自信を持てないといった状態になっている場合、顔面コンプレックスを抱えている可能性があります。

顔面コンプレックスは、悪化するとあまりの劣等感から、いつも自分の顔で気になる部分を必死に確認しようとしてしまい、家族や友人など人間関係も崩れやすくなってしまいます。

また、性格にも悪影響を与えてしまうことがありますし、恥ずかしさや誰にもわかってもらえないという思いから、周囲に対して心を閉ざしがちにもなってしまいます。

ニキビや吹き出物など、肌荒れから顔面コンプレックスを抱えている場合、スキンケアをしっかり行いましょう。

肌の状態は日頃のスキンケアで、ある程度改善することができますし、食生活を見直すことでニキビや吹き出物をできにくくすることもできます。

また、煙草を吸ったり、ストレスが溜まりすぎたりしてしまうと、肌荒れに繋がってしまうので注意しましょう。

ありのままの自分を受け入れることでコンプレックスを解消することもできますが、顔面コンプレックスは最終手段として整形という手段を選ぶこともできます。

整形をすれば顔のパーツを理想の状態にすることができますし、フェイスラインを理想に近付けることもできます。

しかし、整形にはリスクもありますし、手術を受けるお金と理想の状態を維持するお金が必要になるので、その費用は大きなものになります。

自分の顔を鏡で見るのも嫌な男性にとっては効果的な方法だといえますが、今度は顔面ではなく違う部分にコンプレックスを感じてしまう可能性もあります。

そうなってしまうと整形を何度も繰り返してしまい、いつまで経ってもコンプレックスから解放されない状態になってしまう恐れもあります。

美容整形をして顔面コンプレックスを解消する場合、そういったリスクや可能性があるのを知ったうえで、冷静に考えてから決めることをオススメします。

学歴コンプレックス

男性が感じるコンプレックスの中には、学歴コンプレックスというものもあります。

日本では昔から高学歴のほうが良い仕事に就くことができるし、出世もできるというイメージを抱えている人たちが大勢います。

学歴コンプレックスはこういったイメージからきているコンプレックスで、自分自身の学歴に対して劣等感を持ってしまっている状態です。

学歴コンプレックスを抱えている人は自分のキャリアを構成する学歴に対して執着する傾向にあり、執着しすぎるあまりに高学歴の人に対して嫉妬したり、他人の学歴を必要以上に気にしたりするというような行動に出てしまいます。

何かあると学歴のせいにしてしまったりする場合もあり、ひどくなると、うつ病やパニック障害などの精神的な症状に繋がってしまう恐れもあります。

学歴コンプレックスは男性のほうが起こりやすく、5割以上の人が自分の学歴に劣等感を感じているという結果もあります。

このコンプレックスには軽度、中度、重度というようにレベルがあり、自分の大学と他の大学を比較するところから学歴コンプレックスの軽度症状が始まります。

自分の在籍大学に愛着が持てなかった場合、症状が進行して中度になり、重度に達すると心身の不調が明らかになってきます。

自分より高学歴な人を過剰に敬ったり、あらさがしをしてミスを見つけると嬉々として反応したり、批判するといった症状もみられるので、注意が必要です。

症状が悪化すればするほど、周囲から冷ややかな目で見られる可能性が高くなっていくので、学歴コンプレックスは解消するのが一番です。

学歴を重視する人は大勢いますが、実際のところ、学歴はそんなに重要なものではありません。いくら高学歴でも、勉強ができるのと仕事ができるのは別の話になってきます。

特に今の日本では高学歴だからといって必ずしも社会的に成功するわけではなくなってきています。逆に高学歴でも

それでも気になってしまうという場合は、学歴ロンダリングや再受験などの方法で学歴コンプレックスを解消することができます。

ED(勃起不全)コンプレックス

男性が感じるコンプレックスの中には、男性特有のものも含まれています。

その中の一つとして存在しているのがEDコンプレックス、つまり勃起不全コンプレックスです。

このコンプレックスは男性にとって深刻なものであり、恋人や家族に相談したり、打ち明けたりすることができずに一人で抱えてしまっていることがほとんどです。

勃起をしてもそれを維持することができない、そもそも上手く勃起しないといった状態のことを勃起不全といいます。

英語で表記した際の頭文字をとってEDと称されることが多く、EDになる原因にはさまざまなものがあります。

精神的なストレスや過去のトラウマなどから症状が引き起こされる場合もあり、EDコンプレックスになってしまっているときはこれらが原因になっている可能性があります。

これらの症状は心因性EDと呼ばれており、ストレスや過去のトラウマなどがプレッシャーとなり、余計に症状を悪化させてしまう場合もあります。

こうなってしまうと恋人と性的な関係を持とうとしても失敗してしまい、余計に自信をなくして悪化してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

その結果、恋人との人間関係も上手くいかなくなってしまう可能性があるので、EDコンプレックスは原因となるEDと共に改善する必要があります。

EDであることがコンプレックスに感じている場合、EDを治療することで克服することができます。

上手く勃起を維持できない状態に劣等感を感じているのですから、勃起を維持できる状態になれば劣等感を感じる原因がなくなりますよね。

現在では優秀なED治療薬がたくさん出ていますし、ED治療を専門としているクリニックも増えてきています。

恥ずかしいと感じる人も多いと思いますが、専門の医師に相談することで精神的な負担を軽くすることができますし、適切なアドバイスをもらうこともできます。

一人で悩み続けていると余計にEDコンプレックスが悪化してしまうので、できるだけ速やかに専門のクリニックへ行き、相談することをオススメします。

早漏コンプレックス

男性特有のコンプレックスには、早漏コンプレックスというものもあります。

とあるアンケートによると、日本人男性の2人に1人は早漏であると答え、50%の人は自分が早漏であると自覚しているという結果が出ています。

早漏には明確な定義が決まっておらず、男性特有のコンプレックスの中でもかなり曖昧な部分が多いものでもあります。

海外では毎回挿入前や挿入1分以内に射精が起きる、挿入後に射精を遅らせるなどのコントロールをすることができない状態のことを早漏としているようです。

何故早漏になってしまうのか、その原因は精神的な原因と肉体的な原因があります。

自分は早漏ではないかと悩んでいる人の多くは、身体の機能に問題はなく、精神的な原因から症状が引き起こされていることが多いといわれています。

そのため、早漏コンプレックスで悩んでいる人たちも、精神的な負担が原因になっている可能性があります。

実は早漏もストレスによって引き起こされる場合があり、生活のストレスや性生活のストレスなどが射精に影響を与え、早漏になってしまうことがあるのです。

早漏だと相手を満足させることができないというプレッシャーや、バレると恥ずかしいといった不安などが自律神経を急激に不安定にさせ、結果、射精がコントロールできなくなってしまいます。

早漏コンプレックスはEDコンプレックスと同じように、場合によっては恋人との関係がこじれてしまう原因にもなりますし、コンプレックスによる不安が症状を加速させてしまう場合もあります。

悪化すればするほど、一人だけが悩んでいることではなくなってしまう面があるので、悩んでいる人は速やかに改善することをオススメします。

早漏はどうしようもない問題と思ってしまうかもしれませんが、さまざまな方法で改善することができます。

治療薬を使うのも改善方法の一つですし、骨盤底筋群という筋肉を鍛えるトレーニングをすることで改善できる場合もあります。

もしトレーニングでも効果が期待できなかった場合は、病院やクリニックで専門医に相談するという方法もあります。

短小コンプレックス

男性の中には、自分の男性器に関してコンプレックスを抱いている人たちもいます。

男性器のコンプレックスは全ての男性が抱えるものと表現してもいいほどで、大勢の人が自分の男性器について何らかの悩みを抱えています。

そういった悩みの中でも、悩んでいる人が多いのが短小コンプレックスです。

短小コンプレックスは、男性器の大きさが小さいことにより、劣等感を感じるといったものです。

女性は男性器が小さい人よりも大きい人のほうを好んでいるというイメージを持っている人が多く、そういったイメージから短小コンプレックスを感じる場合があるようです。

EDコンプレックスや早漏コンプレックスと同じように、短小コンプレックスもパートナーの女性との関係に影を落としてしまうものですし、自信をなくしてしまう原因にもなります。

ですが、短小コンプレックスで悩んでいる男性の中には、実際には短小ではないのに、自分は短小であると思いこんでしまっているパターンもあるようです。

性科学者が行った調査によると、短小で悩んでいる男性の多くは、実際には平均的な大きさの男性器を持っているという結果が出ています。

そのため、短小コンプレックスを抱えている男性の中には、実は短小ではないという可能性があります。

では、何故このようなコンプレックスを抱えている人が多いのかというと、AVやインターネットによる画像情報からの誤った認識が理由にあります。

こういった情報から間違った認識をしてしまい、自分は短小だと思い込んで短小コンプレックスに繋がっているケースもあるのです。

そもそも多くの男性が悩んでいる短小という大きさですが、基準は人それぞれであり、はっきりとした定義が決まっているわけではありません。

さまざまなデータがありますが、日本人男性の場合、男性器の平均的な大きさは勃起時で12~15cm、通常時で8cm前後といわれています。

弛緩時に他よりも短小だと感じても、勃起をすれば大きさは少々変化するので、それほどコンプレックスを感じる必要はないのです。

もし、それでも気になってしまうという人は、サプリメントを服用するなどして改善できるので、使用を検討するのはいかがでしょうか

コミュ障コンプレックス

最近、よく耳にするようになった言葉として、コミュ障というものがありますよね。

男性の中にもコミュ障で、それがコンプレックスになってしまっているという人がいるのではないでしょうか。

コミュ障というのは、コミュニケーション障害の略称とされており、他人と会話をしようとしても言葉が詰まってしまう、上手く声を出せないといった症状のことを指します。

ですが、一般的には人とコミュニケーションをとるのが苦手な人という意味で使われており、医学的な面から見たコミュニケーション障害の症状を患っているわけではないことがほとんどです。

コミュ障コンプレックスは、他人とのコミュニケーションを苦手とし、そのことで劣等感を覚えている状態のことです。

他のコンプレックスが原因で自分に自信を持てなくなってしまい、その結果、他の人とコミュニケーションを取るのが苦手になってコミュ障コンプレックスになってしまう場合もあるようです。

コミュ障コンプレックスは人から診断されるものではなく、自分の内面の状態に依存するものなので、本人にしかわからないものです。

そのため、友達が多くて誰とでも上手くやれているような人でも、コミュ障コンプレックスを感じているというケースもあります。

他人とのコミュニケーションが苦手になってしまう原因にはさまざまなものがあります。

職種によっては他人とあまりコミュニケーションを取れなくてもやっていける場合もありますが、コミュ障コンプレックスにまでなっていると、それだけで精神的な負担を感じてしまいますよね。

コミュ障コンプレックスを抱えた状態が長引いてしまうと、どんどん自分に自信がなくなってしまい、ますます他人とのコミュニケーションが苦手になってしまいます。

そのため、症状を悪化させないためにもコミュ障コンプレックスを解消することをオススメします。

コミュ障コンプレックスの解消というと難しく感じてしまうかもしれませんが、挨拶をする、会話を繋げやすいように取っ掛かりを与えながら話すといったことでも十分です。

他にもさまざまな克服法があるので、自分に合った方法を選びましょう。

一番多いコンプレックスは「ハゲ」

男性が感じるコンプレックスには、男性特有のものからそうでないものまで、たくさんの種類があります。

どんなコンプレックスでも悩んでいる人はたくさんいますが、今まで説明してきた中で、もっとも悩んでいる人が多いのはハゲコンプレックスです。

既に触れているように、最近では若年性脱毛症になってしまう人たちも増えてきているので、ハゲコンプレックスを抱える人たちはさらに増えることが予想されます。

多くの人が悩んでいるハゲコンプレックスですが、実は海外ではハゲている男性は好意的な目で見られることが多くなっています。

また、ハゲコンプレックスを抱えている男性の中には、ハゲていると女性から相手にされない、女性は薄毛の人を恋愛対象として見ないと考えている人もいると思います。

ですが、とあるアンケートによると、実際には7割以上の女性が薄毛でも気にならないという結果が出ています。

ハゲや薄毛を気にしている男性は7割超いるともいわれていますが、それと同じくらい、薄毛を気にしない女性もいるのです。

ハゲコンプレックスの人が抱えているハゲに対するマイナスイメージは、多くの場合、思い込みであるといえます。

その思い込みから落ち込んでしまい、自分に自信をなくしてしまうのは非常にもったいないことです。

ハゲコンプレックスをそのままにしてハゲを隠そうとし続けるよりも、ハゲを治療してコンプレックスを解消するほうが精神的にも良いといえるでしょう。